読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4/26 CONTROL

  • 『女囚セブン』#01

 現代日本における監獄表象について考える機会だ! と思ったこともあって視聴してみたが、結論からいうと、あまり好意的にはみれない。部分的には賛同できなくもない試みは少なくないが、おそらくこのドラマ全体の脚本の流れがそうとうイマイチ。

「罪は、犯す奴が悪いんやない。犯させる奴が、悪いんどす」

 というセリフを言わされている主人公の受刑者が、実は冤罪だったという設定なのがどこまでも残念。罪を犯した「本当の悪人」がこのセリフを言うようには書くことができなかったわけだから。

 おそらく今後の展開は、しばらく各回でそれぞれの女囚の掘り下げをやって、彼女らの罪を社会化・外在化していくわけだけれども、各回を通貫する大きな物語が、主人公神渡の冤罪を晴らしてハッピーエンド、という予告されているこの筋がまた気に食わない。囚人反乱起こして刑務官数人ブッ殺したけど鎮圧されて待遇の「よかった」刑務所が吹っ飛んでバッドエンドとか、たとえばそういう微温的でない方向にはいかないだろうし。

 

 あとこっち側で勝手にトリンドルにダーティなイメージついてるのが笑える。

  • 進学懇談会

 連絡の文面では「進学懇談会」になってるのでそれに則るけれども、例の会の名前って「進路懇談会」じゃなかったっけ? 大人組のやつだけが「進路」だったっけ? いずれにせよ、事実上は大学進学についての話が大勢を占めるとしても、「進学」前提のネーミングはよくないよねぇ。

 要するに母校の高校生の前で大学ってのはこんなところですよみたいな話をする会がありまして、なりゆきで自分は過去二回お話しさせていただいていたのですが、そりゃ自分がガチで話をするわけですからそれなりに有意義な形にはなっているとは思いますけど、実は毎回終わるたびに内心ものすごく苛立っているんです。今回はその話です。

 

 そりゃ、高校生から

 この書き出しで延々悪口を書くつもりだったのですが、過去の感想アンケートを読み返していたらそういう気分が失せてしまった。

 簡単にいうと、高校生の彼らの「ゲーム」の攻略法の話がくだらないのと同様に、大学生・研究者の「ゲーム」の攻略法の話ってとことんくだらないと思うんですよ。たしかに人文学を志すことを考えている高校生に、この業界の経済的窮状をあらかじめ伝えておく必要があるのは間違いのないことだけれども、ああいう人文系研究者の自虐的なノリには自分は反吐が出るんです。そういった社会問題そのものを射程にできるような次元でわれわれは研究をやっているんだから、もっと研究や関心の内容について赤裸々に話したほうがおもしろいでしょうと。というかこの懇談会に限らず、という話です。(これはまたちゃんと書くか話すかしよう…)

 

 今年の対象学年はおそらく60th~63rdです。私に連絡いただければ、ご依頼のメールを転送いたしますので、興味があるかたはどうぞ。自分はまだ決めてはいませんが、もしお誘いがあれば是非。 

  • 『怜 -Toki-』第11局[陽動]

 ※ネタバレ注意!

 

 

 一般論から入ると、この作品では(作者自身のような)閾値の低い人ではつまづいてしまうかもしれない「性格の悪いキャラクター」を、それでもあえて書き込んだうえで、その解釈を「誤読」のほうに押しつけてしまってなんとか存在させる、というようなことが多々起こっているように思う。たとえば久、成香、チカセンなど。逆にいえば、彼らの「性格の悪さ」を読むことには、つねにコードの侵犯が付随しているということになるのだ。

 今回「凶星」であることが発覚した泉もそういう魅力のあるキャラクターの一人で、これから掘り下げられていく黒歴史と従来の描写とが相乗効果をつぎつぎに起こしていくだろうから、今後の展開が楽しみだ。

 残りのメンバーは、個人的には凶子・星羅説推し。

 

 

 最後に、昨日から再び「客間」が利用可能になったので、ぜひ遊びに来てください。

広告を非表示にする

4/23 シャルトリューズ・トニック

  • ネタバレについて

 むかしの自分はそれなりにネタバレには神経質になっていたのだけれど、おそらく作品の鑑賞の仕方が根本的に変わってしまっているので、いまではほとんど気にしなくなりました。さすがに推理小説の犯人をバラされるとかそういうレヴェルのは勘弁だけど、これも古典的作品ならどうでもいいしそうもいってられない(そもそも古典推理小説を面白いとほとんど思わないし)。『咲 -Saki-』とその関連作品なんかは、必ずフラゲのバレ見てから雑誌買ってるし。

 ここでネタバレ配慮ってものをすることはほとんど考えに無いんだけど、逆に作品をみてなくてもわかるように書くための努力もあまりするつもりはないので、結果いつものわかる人はわかる文章になることが多いんじゃないでしょうか。それにかかわる言葉が鑑賞中に頭にこびりついてしまうのが嫌、っていう最大限の神経症の人への配慮はしないということです(気持ちはわかるよ)。

  • 『貴族探偵』#01

 以下ネタバレ注意?

 

 

 麻耶雄嵩の『貴族探偵』シリーズのドラマ化ということで、麻耶雄嵩が原作の時点でこれは絶対におもしろい。『貴族探偵』の原作そのものは読んだことないけど。というかそもそも麻耶雄嵩作品は『翼ある闇』しか読んだことないけど、でもこれは絶対におもしろい。

 最近このバイヤールギャグを多用してしまうのだけれども、これは伝わってるのかしら。文春にRTされたやつとか。こっちはボケてるんだから笑ってくれていいんですよ、もちろん本気でいってるのだけれども、すこしは笑ってくれないと、あたかもそれが当たり前だったかのようになってしまうから。嘲笑しようとする対象に扮する、あの下品なのとは一緒にしないでほしいけど、ツッコみ待ちだから。

 っていうことをエンドロールまで観るとわかるんじゃないでしょうか。爆笑しながら観る作品です、でも馬鹿にするものではない。

 

 ていうか、放送時にみんな口を揃えていってたけど、『翼ある闇』を読むべきなんですよ。読むべき作品。諸岡卓真の評論とセットで。この話なんかしたことあるような気がするかと思ったら『マージナリア』の第四号ですでに紹介してましたね。ダールグレンラジオに呼ばれるきっかけになったやつ。このドラマも冒頭から謎=わからないこと投げまくりだし。あと「銘探偵システム」、これが問題になる。『貴族探偵』もその線で分析できるような作品になりそうな予感。

 あと依子がよかった。今回だけのゲストだったとしたらすこし残念かも。

 指摘するまでもないけど、04わかってる人のデザインですよねー。

 考案者に献本みたいな感じで1セットこないかなあ、なんなら詠唱者の位置に《ミラ》を描き足した特別仕様で。(一応、まさか読まれてないと思って言ってるから!)

広告を非表示にする

4/20 あたしはカシオラ

  • わからないものを読むということ

 むかしJKに英語を教えていたころにした話を、思い出しながら書き起こします。
 いまとなっては相当被っているんだけれども記録ということで。

 

 今回のテクストはちょっと難しかったよね、僕がどうやってこの文章を読めたのかってことは僕の説明でなんとなくわかってくれたと思うけど、自分で一から推測して同じように読めるかっていったら、正直自信ないでしょう。

 なんで僕がこの文章を読めたかっていうと要するに、だいだいこの文章はどういう話なのかってことをわかってるからなんだよね。あー、あのパターンの話ねって。だからわからない単語や箇所があってもだいだい推測がつくし文脈を外さない。きみだって、たとえば簡単な例だと、global warmingがテーマの文章だったらcarbon dioxideが二酸化炭素だってことはこの単語を知らなくても推測がつくだろうしcarbon dioxideを減らそうって文脈なのはだいたいわかるでしょう。

 だから僕が普段、文章のテーマや単語とかにかこつけて関係ないことをいろいろたくさん話すでしょう。あれはもちろんほかのことにも役立つけど、ああいうことを知っていると英語や現代文の文章がずっと読みやすくなるんだよね。当たり前だけど、わかんないことが書いてある文章よりもわかってることが書いてある文章のほうが読みやすいわけだから。だから、大学受験で出る文章、つまり大学にいる人たちがいま興味を持ってる話をたくさんしてるんだよね。

 

 ただまあ、入試のときはそれでいいけど、本当の文章を読む力ってのは、むしろわからない文章を読む力のほうで、たとえば以前話したことだけど、大学の大きな仕事の一つっていうのは、外国語で書かれたものを日本語に翻訳して伝えることで、そこでもうわかってることを伝えたって意味無いでしょう。まだ日本語になってなくて、日本に伝わってないことを伝えなきゃいけない。自分で本を読んで勉強するときも同じだよね。もう知ってることをいくら読んだって意味は無くて、知らないことを読んで学ぶから勉強になるわけでしょう。とくに、自分にはまったく無かった考え方や概念を獲得するには、まったくわからない文章を読む必要があるよね。

 そういうときに、普段やってもらってる地道な作業が役に立つんだよね。わからない単語を全部調べて、とりあえず直訳して、それで意味がよくわからないようだったら、単語のどの意味を採用するのか辞書とにらめっこして、比喩的な意味や省略なんかも考えて、それでもわからなかったら一旦置いておいて先を読んで文脈を捉えてみて、で、授業で僕が背景知識とかの話をすると。わかんない文章をなんとか読もうとしたらこうするしかないんだよね。この文章の読み方は、もちろん英語だけじゃなくて日本語の文章を読む時も同じで、文章からなにか新しいことを学ぼうと思ったら、こういう読み方をするしかないんだよ。

 

 というわけで、来週の文章もちょっと難しいんだよね、でもこういう力を身に着けてほしいからさ、徹底的に調べた後で、わかんないところもなんとか推測してみて。今日みたいに、つまりどういう意味だと思った? とか、要するにどういう話だった? とかって色々きくから。正直かなり大変、かなり大変な作業だと思うけど、まあお互い頑張っていきましょう。

 じゃあ、今日はこれくらいで。ありがとうございました。

 

 

 TVerってあるじゃないですか。民放のほとんどのドラマと一部のバラエティはここで観れるので、最近はテレビをスポーツ以外ではほとんどライヴで観なくなりました。

 それで、じつはTVerは一部の関西ローカル? の番組も配信しているんですよね。そのなかでも、4月に入ってからTVerの配信は無くなった? みたいなんですけど(いまでも番組HPでは観れます)、「わざわざ言うテレビ」っていう番組を気に入っていて、ほぼ毎週視聴しています。

 この番組は、メッセンジャー黒田、ウーマンラッシュアワー村本、マギーの3人がレギュラーなのですが、先日、マギーの不倫が報じられたときの村本のこの番組での対応がすばらしかったんですよ(ついでに言うと、ベッキーの不倫のときの「人生のパイセンTV」での若林の対応もよかった)。


ウーマンラッシュアワー村本大輔の土曜The NIGHT #18| AbemaSPECIAL【AbemaTV】

 実はこの村本の対応には伏線があって、AbemaTVで村本がやっている「土曜The NIGHT」という番組の宮台真司回が不倫報道の少し前にあったんですね。そこで芸能人の不倫報道についての話があって、おそらくそれに影響を受けているのだろうと。

 話の筋がすこし反れますが、この宮台回はおもしろかったです。村本云々よりも、普通に宮台がおもしろい。実は彼の著書は一冊も読んだことが無いのですが、そのうち読もうという気になります。あと、もう一人水道橋博士が出演しているのですが、彼が典型的な教条的ニワカ知識人として村本に先輩風を吹かせていて、偉そうに本を読めよとか言ったりしているんですけれども、宮台が苦笑しながら直接には否定せずに全然違うことを言うっていう空気が最高におもしろいです。宮台は大黒魔導士だからね。

 「土曜The NIGHT」もけっこう気になる番組なのですが、こちらはバラエティ番組のレヴェルの濃さではなくて、モンハンやりながら観るってことができないのでほとんど観れてません。唯一他に観たのは先日の茂木健一郎回で、茂木はおそらくその直後に「わざわざ言うテレビ」のほうにも出演しているんですよね。その「わざわざ」のほうの茂木回は、いま番組HPで観れる回の一つ前なのですが…(視聴期限に間に合うように記事を書く元気が無かった)

www.youtube.com

広告を非表示にする

4/15 とりあえずカシオレ

  •  難しく書くことについて

  「難しく読むことについて」、「翻って、難しく書くことについて」という続きものを構想したのだけれどもどうせ完遂できないので、先に構想だけ開示しておきましょう。順番通りに書くだけマシ。

 なんか最近「わかりやすい」哲学書が立て続けに出てるそうで、それに対抗してもう一度私の立場を擁護しておかないとね、ということだけれども、この話題、とくに難しく書くことの文学的、というかエンタメ的価値については『マージナリア』第3号に寄稿した文章(とそれをベースにしゃべったダールグレンラジオ)で語りつくしたところがあるので、今回は政治的な側面から。

  これをみたときは正直、おじいちゃん…、おお、もう…、となってしまって、いまでもこういうのはマズイと思うのだけれど、じゃあお前の文体はどうなんだという批判に頭のなかで応答してみようということです。

 まず、そういう「味方の結束を固める」ような言説が存在してはいけない、ということではないにせよ、そういうのはサルでもできるのでゴリラにやらせておけばよくて、私自身ははそういうことをやるのは恥だと思うし、受容者も「真実」でテンション上がっちゃうんじゃなくて「ああ^~結束固められてるぅ^~」くらいはわかる程度には賢くなってくれれば、そのような言説は効力を失って自然消滅する、すればいいですよね。

 それでは「わかる人にしかわからない」ようなツイートしかしないお前はどうなんだ、という問題なんだけれども、私のツイートは届く範囲こそ狭いかもしれないけれども、「結束を固める」ようにはまったく機能していないことをわかってほしい。とにかく孤独であるという感覚が強くて、だから一番近いところにある人を遠慮がちに翻意してくれるつもりになってくれるように魅力を放つ、ことそれだけのことをしているつもり。遠いところにあるマスに働きかけて目先の「成果」を求めて、微温的中途半端なバカを生産するよりは、ずっと機能的なことをしているつもりだ。


私立恵比寿中学 「ハイタテキ!」Music Video

 昨日はずっとこの曲をかけていた。

 リリース当初は興味が無かったのだけれど、先日ふとTAKUYAのツイキャスで流れてたのを聞いて心に留まり、たまたま今日にぴったりハマった。

 エビ中は優希を演じてたぁぃぁぃしか知らないんだけれども、彼女は声が特徴的でよい。優希の怪演もエネルギーがすごかったし、今後の活動に少し興味が持てる人かも。

  実際には最初はこちらを聴いていたのだけれど(ギターが聴きたいので)、そのうちに原曲にも慣れてきた。

  あとはこういう動画もある。最高の贅沢、一生モノだろうね。

 記録的な珍オーダーだったので、まずはそれを掲げておきましょう。

  1番:桑原(中)、2番佐野(右)、3番:ロペス(一)、

  4番:筒香(左)、5番:宮崎(三)、6番:田中浩(二)、

  7番戸柱(捕)、8番ウィーランド)、9番倉本(遊)。

 この起用の意図を確認していくと、まず2番佐野は欠場した梶谷の代役。ただし総合力で外野の四番手は関根だという見方がファンの間では強いと思うので、それに反して佐野というのは、打撃だけに限れば佐野>関根という評価なのか、あるいはこの時期は佐野を多めに試したいということか。戸柱は2試合続けての7番、成績だけ見れば打てる選手ではないけど、昨季チーム内ホームラン一番乗りの一発や、今オフの打撃を課題と認識している旨の発言などから、8番固定で終わって欲しくない選手だと思う。実際昨日もタイムリーツーベース打ったし。

 8番ピッチャーウィーランド、たしかに打撃は明らかに投手レヴェルではないし、これだけ好投するのだから(野手が足を引っ張らなければ)今季二ケタは堅いと思う。9番倉本、やはり打撃に関して最後通牒のサインを読み取るのが自然だと思う。ただ、打撃が投手以下なら守備重視で柴田にしようという話になるし(自分は守備は柴田>倉本だと思うけど、現場のプロの判断はそうではないのかもしれない)、そもそも白崎をショートで準備させてない首脳陣の失点も大きいと思う。

 10回裏は関根が一人でダイヤモンドを一周した。ポジションが空いてないけど、今年覚醒する兆しは十分ある。

 あと、ハマスタのインタビュアーがそび糞なので光の速さで解雇してほしい。為末さんも最近言っていた問題で、スポーツメディアが糞だし特にインタビュアーが糞。この問題はそのうち語ると思います。

 

 なんかまた「社会適合」とかくだらないこと考えてるなぁと思って苛立ってたんだけど、ゲンシュンさんがいいこと言ったので今日は終わり! 「変身と主体」の問題をここで垂れ流すのは少しもったいないという感覚もある。

広告を非表示にする

4/14 「ひとつだけ」

 「昨日のベイスターズ」っていう定番コーナーができる予定だったんだけどね、語ることが無いというか語る気が起きない試合が二試合続いたのでこういう形になりました。野球とかスポーツの話をする場がないものだから、書くことがいっぱいあるような気になっていたのだけれども、実は自分が語れることはこの程度なのかも。

 自分は2013年、つまりは藤井やコーコランがヘロヘロになりながらここ十数年で唯一阪神に勝ち越した年に、はじめて本格的に野球を観るようになったこともあって、普通の横浜ファンに比べると阪神に苦手意識はないと思うのだけれども、去年みたいなのが今年も続くとさすがにそういうわけにもいかなくなるかもしれない。ヤマヤスなんて今年は内容もある投球をしてたのに、なんであんなに阪神にカモられてるんだろうか、まったくわからない。

  • 音楽ファイルの評価機能の話

 音楽ファイルに★5つまでの評価をつけられる機能ってあるじゃないですか。自分はいまはまったく使っていないのですが、携帯音楽プレイヤーを使い始めた当時は利用していました。

 最初はただ主観的に、「めちゃめちゃハマってる曲」は★5とかって感じで評価をつけていたんですけど、それをやると、新しいアルバムを買うたびにその収録曲が爆上げして以前の★5を格下げすることになったり(過去にハマってた曲がそうでもなくなってることに気づくのってツラいよね)、「★3以上」とかの条件指定プレイリストに「なんでこの曲が入ってこの曲が入ってねーんだよ」ってなったりするので、当時の自分は一念発起して「自分の各曲への評価を客観的に数値化しよう」と思ったのである。

 その方法というのは、こうである。

  1. 各ファイルの再生回数を記録することができる再生機器を用いる。
  2. 調査期間のあいだは、全曲シャッフルのみで音楽を聴く。
  3. 聞きたくない曲はスキップしてもよいが、連続してスキップする回数に上限を設ける(実際にはなにも考えずに5回に設定)。

 これで各曲の再生回数の割合のデータを集めることができる。この割合の偏りから各曲が「残りスキップ回数が何回のときまでは再生されているか」が逆算でき、「自分の「聞きたくない」という直観的判断が期待値に関して合理的であった」という仮定を置くことで、そこから各曲の評価値を計算できると考えたのだ(なお、具体的な計算方法はデータが集まってから考えればいいやということでなにも考えていなかった。たぶん求められるということ自体は間違いではないはず)

 ところが、実際に調査を始めてみるとこの方法には多くの大きな欠陥があって、まず、「残りスキップ回数が少ないからこの曲で妥協しよう」という思考回路が自分にはぜんぜんなくて結局本能のおもむくままに聞きたくない曲は飛ばすので、「聞く曲」と「聞かない曲」に二極化するだけで(慣れてきたころにはむしろ再生時間が短い曲で妥協するケースが多かった)、結果5回のスキップ回数を使い切ってしまい聞きたくもない曲を聞くというケースが頻発、ていうかそもそも聞きたいときに聞きたい曲を聴けないのがつらいという至極真っ当な問題まであって、数か月は粘ったんだけど頓挫した、という話。

 

 神経症の一症例として。

 

 説明を要するディテール的に、Twitterではなかなかできないここならではの話かも。

 しょっちゅう思っていたことなのだけれども、UTDのオタク共精神病関係の話題多いくせに精神病理に関する視野が狭窄してて呆れることホント多い、そういう系の人文書読んだら? 『狂気の歴史』とか。

広告を非表示にする

4/11 半熟卵のカルボナーラ

 LW(@lw_ru)のサイゼリヤブログと彼の提案に触発されて、改めてブログを開設しました。基本的にはTwitterの延長・字数制限無い版みたいに運用すると思います。あまりちゃんと説明しようと思うと書けなくなるのでこの辺で、サイゼなので基本悪口です。

 この作品がうまくいっていない理由は明らかで、それは『SKET DANCE』後期の濃い内輪ノリをいきなり掘り下げられてない大量のキャラでやり始めたから。でも読んできて徐々に読めるようにはなってきた。

 この作者のすごいところはギャグ、というより「お笑い」の技術だと思うんだけど、シリアスパートへの伏線もゲノム監視社会的なのがあってこの巻は期待させる。とはいえ「お笑い」のなかでシリアスを表現することをしてこなかったし、シリアスパートそのものが当たり外れ外れ外れあるので、まぁ。(でも「スイッチ・オフ」、「OGRESS」、「スイッチ・オン」はよい。)

 開幕前に順位予想を公表し損ねたのだけれど、借金2の現段階でも1位広島2位横浜の予想は変わりません。濱口が期待できるということ以外に計算外の事態はなにも起こってないので。

 現在勝ちパターン級のリリーフが6枚もいるわけだけれども、逆によい投手を重要な場面で起用するという分業制の利点が無駄になってる(貧打で接戦が多いのでそこまでではないけど)ので、須田かタナケンを温存再調整した方がよいと思うんだけど、これは外野の意見なんだろうな。もし信頼できるのが砂田とパットンだと見極められていれば貯金2でもおかしくなかったんだけど。

 たぶん横浜の話題が多くなるので、スタンスを明確にしておくと、基本的に倉本にはあまり期待してなくて白崎に期待しています。守備指標は急激に改善することが少ないこと、両者のフィジカル面からです。三遊二どこでもいいので、白崎が覚醒して定着できるかにかかってると思います。

  • 千葉雅也『勉強の哲学』について

 エゴサ避けはチキンだと思ってるんだけど、されるとわかってて書くのも無理なので。面前では悪口言えない。

 さて、おそらくツイ消しされてしまって確認できないのだけれど、浅田が、同意する、とだけ感想を告げたというエピソードは示唆的で、つまりはそれと同様に、私にとってはこの本の内容はほぼすべてがわかっていることではあった(p. 200以降のことをしようとしないのでお前は研究者不適格なのだとかそういう話はあるが)むろん、五年間かけて言語化しつつ体得してきたコードをこんなに世俗化しないでよという感情が湧くというのもあるが。だから必然的に、私が着目するのは内容ではなくて千葉の扇動の技術ということになる。

 たしかに現代思想から遠い読者がこの本をちゃんと読めればわれわれの土俵にぐっと近づくことができるので、そういう意味ではもちろんぜひ読んでほしい本ではある。ただ、おそらくこの本は相対的には簡単でも、絶対的にはそれほど簡単ではない。素朴な直観からはきわめて受け入れがたいローティ的言語論と、国語科教育・外国語教育の現場からその困難さが容易に想像できるテクスト内在的な読みとが、鶏と卵の関係にある二枚の壁としてまず立ちはだかる。経験上、これを理解させるのは一朝一夕でできることではない。そして、逆にこれができないとこの本をちゃんと読めないという、また鶏と卵の関係。「自己啓発」のノリで読み通して「勉強しよう!」となるだけになってしまう(これが問題なのだ!)。

 ここから、環境から勉強によって一人だけ浮いて専門家ギルドに身を投じていくことが期待されている読者と、この本でマスに対して環境のコードを緩めようと扇動する千葉さんの非対称性があって、内容を読んで「勉強しよう!」となるフォロワーではなく、身振りをみて「扇動しよう!」となる対等者でないとさぁ、とか、支離滅裂になってきたので、ここで切断して寝ます。でも敢えて投稿はします。サイゼで口に出しちゃったから。

 こういうことをいうとお前は変身しないのかみたいな話になってくるとも想定されるのですが、変身と主体の分裂の問題というのは私のなかでもしっくりきていない大問題なので、それはまたの機会に。

 なにに言い訳しているのかわからないけど、(面識ないけど)千葉さんは私が最も関心と好意を寄せている同時代の哲学者だということは、RTとふぁぼの頻度をみればわかることだと思います。

広告を非表示にする